なぜ膝の内側が痛くなる人が多いのか

 

こんにちは?

いつも神戸ひざ関節症クリニックのブログをご愛読いただきありがとうございます?

 

今回は、膝の内側が痛くなる人がなぜ多いのかお伝えします?

その原因は「O脚」です。

 

膝痛を訴える日本人のうち実に9割がO脚であるといわれています?

変形性膝関節症になる大きな要因の1つとなっているのです。

 

O脚だと、体重がかかる中心が膝関節の内側にあり体重が関節の内側にかかりやすくなっています??

膝関節全体で体重負荷を支えるところが膝の内側に集中してしまい、そのため徐々に膝の内側の半月板や軟骨がすり減り炎症を起こしやすくなってしまうのです?

 

当院の治療では、O脚やX脚自体を治すことはできませんがすり減ってしまった半月板や軟骨をPRP-FD治療や脂肪幹細胞治療により改善が見込めます?✨

気になることがありましたら、まずは当院にお越し頂き一度MRIを元に診察してさせていただきますので、お気軽にご連絡ください?

 

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

是非お気軽にご相談くださいませ✨

お電話、WEBからご予約承っておりますので、ご相談くださいませ?

TEL 0120-013-712 (電話受付時間9:00〜18:00)

関連記事

  1. 変形性膝関節症とは❓

  2. O脚とX脚について

  3. ロッキングとは?

  4. レントゲンとMRIの違いは?

  5. 膝はどうして腫れるのか

  6. O脚と変形性膝関節症の関係性について

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制