お膝の痛みではない可能性も、、、?

こんにちは!コンシェルジュの深堀です?

 

少しずつ暑くなってきて、夏が近づいてまいりましたね??

 

例年よりも3度ほど暑いそうなので皆さま熱中症にはお気をつけください!!

 

本日は、お膝の痛みと間違われやすい脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

についてお話させて頂きます!

 

当院にいらっしゃる患者様の中にも

 

「もしかしたら、その症状って脊柱管狭窄症かもしれません?」

 

という方がいらっしゃいました。

 

症状はというと、、、

 

?立ったり歩いたりすると足がしびれるが、少し休息すると楽になり、歩けるようになる(繰り返す)

?カートを使ったり、前かがみになると楽になる

?自転車には乗れる

?足に力が入りづらくなる

 

というものでした?

 

そもそも脊柱管狭窄症とは、

 

Q.どんな病気??

 

➾A. 背骨の中を通る脊柱管(脊髄からの神経のトンネル)が骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊髄が圧迫され狭くなり、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こすものです。

 

 

 

Q.どうしてなるの?

 

➾A.主には、加齢による変形です。また、ヘルニアなどの病気に続いてなることもあります。

 

 

Q.どうやって治るの?

 

A.➾しっかり治したい、症状が重い場合には手術が必要です。(日帰りで行えるものもあるそうです!)

軽い症状の場合には、コルセットやブロック注射、リハビリ等で良くなる方もいらっしゃいます。

 

以上が、脊柱管狭窄症の簡単な内容になります。

 

腰痛はなく、足の方にしびれや痛みの症状が出るため、足が悪いのでは?と思われがちです?

 

実は腰の症状だった!!ということもあります。

 

症状が当てはまるなあと感じた方は、ぜひ1度整形外科へ掛られてみてはいかかでしょうか。?

 

その他、膝関節の痛みが気になる方は、神戸ひざ関節症クリニックでいつでもお待ちしております?✨

 

 

↓↓

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

関連記事

  1. そもそも軟骨とは?

  2. 梅雨時期は膝の痛みが強くなる⁉

  3. 寒さと膝の痛みの関係性

  4. 膝はどうして腫れるのか

  5. ロッキングとは?

  6. 変形性膝関節症が女性に多い理由

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制