ロッキングとは?

こんにちは!コンシェルジュの深堀です😊

 

皆さまは『ロッキング』という現象はご存じでしょうか?👀💭

 

お膝の痛みで悩みをお持ちの方の中で、ロッキングを経験された方もいらっしゃるかと思います。

 

今回はこのロッキングについてご説明していきたいと思います!🙌✨

 

💡そもそもロッキングとは?

膝関節の中で半月板や骨の欠片が挟まってしまい、曲がった状態から伸ばせない、曲げられない状態のことです。

立ち上がろうとしたり、急に膝をねじるような動作をした時に起こることがあります。

この状態になると、曲げ伸ばしが出来ず、痛みを伴います。

 

💡原因は?

多くは半月板の損傷により起こります。

スポーツでの怪我や、加齢により傷つきやすくなった半月板に力が加わった際に損傷する場合があります。

 

💡対処方法は?

最近では、保存療法が一般的な方法として取り入れられています。

保存療法とは、サポーターで患部を固定し、抗炎症剤やヒアルロン酸などを用いて経過をみる療法です。

ただし、損傷が進んでいて改善が難しいケースでは、外科的療法である手術が検討されます。

 

 

以上がロッキングのおおまかな説明になります。

ロッキングがどういったものなのか、イメージができましたでしょうか?😶

 

損傷が進んでしまうと手術が必要になってしまいますので、

少しでもお膝に痛みや違和感を感じたら、早い対応が大事になります!😥💦

 

なにかお困りごとやお悩みがあれば、いつでも当院へご相談くださいませ😊

関連記事

  1. レントゲンとMRIの違いは?

  2. 寒さと痛みは関係ある?

  3. そもそも軟骨とは?

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)