階段は控えるべき?

皆さまこんにちは!

 

突然ですが、皆さま日常生活の中で、階段やエスカレーター、エレベータ、どれを使用していますか❓

日々の運動のためにと、階段を使うよう意識されている方も多いのではないでしょうか?

 

日常生活の中でちょっとした運動を取り入れることは全身的な代謝を考えると良いのですが、

あくまでもお膝に痛みがない範囲でのお話になります。

 

普段平地を普通に歩いていても、お膝には体重の3~8倍の負荷がかかっています??

つまり体重50Kgの人であれば、少なくとも150Kgの負荷がかかっていることになります?

 

ですから普通に歩いているよりも負担のかかる階段の昇り降りをするとなれば

これ以上の大きな負担がお膝にかかってしまうということになります?

 

そしてお膝のクッション機能を担う半月板や軟骨は消耗品で

大きな負担を受けながら使われるほど、どんどん消耗されていってしまいます??

 

 

お膝を悪くした方の中には、『膝の痛みを軽くするために筋力をつけよう』と思って、

脚力を鍛えるイメージで階段を使われる方も多いと思いますが、

痛いのに無理して階段の昇り降りをして軟骨がすり減ることで、

痛みを強くしてしまっている方も多いのです!!

 

そのため当院では『階段よりもエレベーターやエスカレーターを使うようにしましょう』

とアドバイスさせて頂いています?

 

でも階段の昇り降りがお膝に悪影響を及ぼす恐れがあるとはいえ、全く階段を使わずに生活するのも難しいと思います。

 

 

そんなときは階段を左右の脚一歩ずつ踏み出すのではなく、

一段の階段に対して、左右の脚をそろえるようにして昇り降りをするとお膝の負担が軽減します!

 

また横向きになって昇り降りするのも、前向きに昇り降りするよりも負担が軽減すると言われております?✨

 

よろしければ参考にして頂ければと思います?

 

↓↓

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

関連記事

  1. O脚とX脚について

  2. 寒さと痛みは関係ある?

  3. お膝の痛みではない可能性も、、、?

  4. 変形性膝関節症が女性に多い理由

  5. レントゲンとMRIの違いは?

  6. 変形性膝関節症とは❓

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制