膝痛に自宅でできる効果的な対処法🌟

こんにちは。

 

梅雨の時期がやってきましたね☔

 

雨が降る時期はお家の中で過ごされるという方も多いのではないでしょうか❓

 

 

 

そんな時に膝の痛みが🦿🦿💦なんてことがあったら、どうしましょう😖😓😖😢

 

 

 

そんな万が一の時に備えて、自宅で出来る対処法についてお話します😊

 

 

 

膝痛が起こったとき膝の症状や原因に心当たりはありますか❓❓

 

 

原因は様々考えられますが、痛みを緩和するためには、まず安静にすることが大切です🫧

 

 

 

しかし『安静にする=何もしない』ではありません🌀

 

適切なセルフケアを取り入れれば、痛みを和らげる効果をより高めることが出来ます🧑‍⚕️

 

 

 

対処法①冷やす(温める)

 

急性の痛みや炎症があると思われるときは、氷嚢や保冷剤などで患部をアイシングしましょう🤗

 

30分ほど患部を冷やすことで痛みの緩和を図ります🌬️✨

 

痛みが慢性化している場合は冷やすと逆効果😥のため、温めて血行を良くしましょう。

 

 

 

対処法②湿布を貼る

 

湿布の消炎鎮痛作用で痛みの緩和を図る方法です💡

 

 

ただし怪我をした直後の応急的な場合は、湿布を使うのではなく氷水などでアイシングするのが望ましいです。

 

 

 

対処法③サポーターを着ける

 

サポーターは膝に装着することで膝を安定させるほか、触圧覚(触られているときに感じる感覚)を刺激することで

 

痛みを感じにくくすることができます💁

 

 

また血行が悪いと膝の痛みは増します😥

 

寒い時期に強く痛みを感じるのはこのためです😱

 

慢性的な痛みの場合は、保温用のサポーターで冷えを防ぎ痛みを軽減するのも有効です❕

 

 

サポーターで膝を固定すれば一時的な痛みは和らぎますが、あくまで膝が補助されることで得られる効果のため

 

リハビリや再発予防で行うストレッチなど筋トレの補助として考えることをおすすめします😚

 

 

 

対処法④テーピングをする

 

 

テーピングは膝を守るサポーター同様、膝を固定することで膝下の痛みを緩和することができます🤓

 

 

 

 

いずれの場合もあくまで応急処置と考えていただき、膝痛が出た場合は病院に受診し医師にご相談ください🧑‍⚕️🧑‍⚕️🧑‍⚕️

 

 

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

是非お気軽にご相談くださいませ✨

お電話、WEBからご予約承っておりますので、ご相談くださいませ?

TEL 0120-013-712 (電話受付時間9:00〜18:00)

関連記事

  1. お膝には〇倍の体重がかかっています。

  2. リハビリの重要性

  3. 🌰食欲の秋到来🌰

  4. 早期治療の大切さ

  5. ひざ関節症の方が夏に気を付けること

  6. お膝にとって太ももの筋肉はとても大事!!

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制