PRPとPRP-FDの違いについて

こんにちは^^

本日は当院で行っている「PRP-FD治療」についてのご紹介です♪

まず、PRPとは Platelet-Rich Plasma の略称で、多血小板血漿とも呼ばれております。

これを患部に注入する治療がPRP療法であり、血小板が分泌する成長因子と呼ばれる組織を修復する能力に着目して開発された治療になります!

最近ではスポーツ選手などが行った治療として耳にされたことがある方もいらっしゃるかと思います(^^)/

ではこの「PRP療法」と当院が行っている「PRP-FD療法」いったい何が違うのでしょうか?

それは……治療の要である「成長因子」の量の違いです!

「PRP-FD」には、一般的な「PRP」の2倍の成長因子が含まれています!

つまり、より強力な痛みの改善効果や組織の修復が期待できるのです( ◠‿◠ ) !!!

「PRP-FD療法」について気になる方、お話を聞いてみたい方、ぜひお気軽にご連絡ください??

関連記事

  1. お膝のお痛みにはヒアルロン酸?

  2. スポーツを長く続けるために!

  3. 再生医療は保険適応にならないの?

  4. 治療後の生活について

  5. 手術はしたくない方へ。

  6. MRI検査で何が分かるの?

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制