PRPとPRP-FDの違いについて。

皆様、こんにちは?

いつも神戸ひざ関節症クリニックのブログをご愛読いただきありがとうございます(^▽^)/

 

 

冷気とみに深まり、暮れ行く秋を感じる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか❔

 

 

本日は、【PRP】と【PRP-FD】の違いについてご紹介したいと思います^_^

 

 

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、PRPはご自身の血液から血小板を多く含む成分だけを抽出したものです。血小板に含まれている修復を促してくれる成分が自然治癒力を高めたり、痛みや炎症を抑える働きを持つのでスポーツ選手の怪我にもよく使われているものです!

 

このPRPを加工して、成長因子という物質だけを濃縮させて活性化させたものがPRP-FDです。同じ血液の量から作られるPRPと比べて2倍以上の成長因子が含まれているため、より痛みや炎症を抑える効果が期待できます?

 

 

当院で、行っているものはこのPRP-FD注射というものです。

 

 

お膝の事でお困りの方は一度ご相談にお越しくださいませ^_^

 

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. O脚は変形性膝関節症になりやすい!? 

  2. 再生医療の治療後の注意点について?

  3. 春先に向けて

  4. 治療に関するQ&A

  5. 変形性膝関節症のグレード分類とは?

  6. 大腿周径について

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制