お膝の水を抜くと……?

皆さまこんにちは!

 

朝晩はまだ冷えますが、日中はだんだんと暑くなってまいりましたね😎

気温差があり服装に困る季節です😥

体調を崩しやすくなるので、皆様お気を付けくださいませ✊

 

 

今回はお膝にお水が溜まるということは何なのかお話させていただきます!

 

 

また、「ひざの水を抜くと癖になる」なんて言葉を聞いた事がある方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか??

 

結論から申し上げますと、水を抜いたことで癖になるわけではございません!!!

 

 

お膝に水が溜まる原因としましては、関節内で強い炎症が起きていることが原因となっております。

 

関節内は常に衝撃を吸収したり、関節内の動きをスムーズにする役割も果たす関節液というもので満たされております。

 

関節内で炎症が起こる事によって、関節液の分泌に異常が生じてこの関節液が増加してしまいます。

 

関節液の量が増える事でお膝が腫れてしまい曲げにくくなることもあります!

 

違和感を無くし膝を曲げやすくしたり、炎症の原因は何なのかを検査する目的で水を抜く処置を行います。

 

関節内の炎症が強い状態だと、水が溜まりやすい環境が続いてしまいますので、それが水を抜くと癖になると言われている原因かもしれません👀

 

 

 

関節内の炎症が引いてくれば溜まっている水も徐々に引いてきます。

 

なので、まずはお膝の炎症を抑えてあげる治療が必要になります✨

 

 

当院では炎症を抑える効果のあるPRP-FD治療、培養幹細胞治療を行っております💡

 

まずはお膝の現状をMRI画像を用いてレントゲンでは見えない半月板や軟骨部分もしっかり診察させていただき、どのような治療が適しているかご案内させていただきます。

 

 

お膝のお痛みにお困りの方はお気軽にお問合せ下さいませ🐻✨

 

関連記事

  1. 神戸ひざ関節症クリニックご来院時の駐車場について

  2. あけましておめでとうございます!

  3. お膝に優しいスポーツをご紹介します🌻

  4. よくある質問についてご紹介🍀

  5. 変形性質関節症の進行度について

  6. お天気と膝の関係。

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)