膝痛と腰痛の関係について🌞

こんにちは😊

世間はオリンピックで盛り上がってますね🥇

話しは変わりますが、当院に来院される方の中には、腰痛もお持ちの方が多くいらっしゃいます❗

本日は腰痛と膝痛の関係性についてお話していきたいと思います✨

腰痛は国民病ともいわれるほど身近な症状ですが、同じく膝痛にも悩まされている方々が多く、腰痛と膝痛を併発する率は非常に高いです💦

整形外科で脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどと診断されたことはありませんか?

腰の部分にある神経は坐骨神経で足へとつながっています。

その為、腰からくる膝の痛みも考えられます😲😲

膝痛と腰痛を併発してしまう主な原因、、、

それは、下半身全体への負担です💦

姿勢の悪さ・体重増加などの何らかの理由で、関節に大きな負担がかかり、痛みが生じる事がと考えられます。

膝や腰が痛い時は安静にしているという方も多いですが、実際には歩いて生活しているだけで下半身にはかなりの負担がかかっています。

膝の痛みをかばうために歩き方が偏ってしまうと、さらに身体への負担が増します。

腰を悪くするだけでなく、股関節や首、背中にまでトラブルが生じる恐れもあります。

 

下記の症状に当てはまるものは、ありませんか?

 

▢腰、お尻、下肢(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)に痛みやしびれがある

▢足を動かしたり、前屈や後ろぞり、ひねり動作をすると痛みやしびれが強くなる。場合によってはカラダを動かしたり歩くことも困難になる

▢足に力が入りにくくなる

▢痛みやしびれ、麻痺、違和感のせいで座ったりしゃがむことがつらくなったり、排尿・排便に支障を来している

▢腰やお尻、下肢を触ると感覚がおかしい

▢お尻の筋肉が冷え固まっている感じがする

▢痛みをラクにするために歩き方がおかしくなっている

10~15分以上連続歩行できず、その都度休みたくなる

 

当てはまる症状がある方は、整形外科を受診し、正しい治療を受けるようにしましょう!

 

本日は、【腰痛】と【膝痛】の関係性についてのお話をさせていただきました!

 

まずは、お気軽にご相談ください!

ご予約は、ホームページまたは下記のフリーダイヤルより受付しております。

TEL 0120-013-376 (電話受付時間9:00〜18:00)

ホームページからのご予約は  こちら をクリックしてください。

関連記事

  1. お膝に優しいスポーツをご紹介します🌻

  2. 負担の少ない階段の降り方

  3. 神戸ひざ関節症クリニックご来院時の駐車場について

  4. 注入日の診察の流れをご紹介!

  5. どうして膝に水が溜まるの?

  6. お膝に負担の少ない運動について

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)