治療に関するQ&A

こんにちは?

神戸ひざ関節症クリニックのブログをご愛読いただきありがとうございます。

今回は治療を受ける際によく頂くご質問にお答えしていこうと思います(^^)/

Q:治療後はしばらく安静にしていた方が良いですか

→安静にし過ぎると動かさない事で関節が硬くなってしまったり、筋力の低下で関節に負担が掛かりやすくなってしまうので、日常生活は普段通りに送って頂く事と、当院でお伝えするリハビリをご自宅でして頂く事を推奨しております!!

 

Q:注射の後、運動しても良いですか

→運動の習慣がある方には、治療後1ヵ月程度は激しい運動は控えて頂く事を推奨しております。

お仕事柄沢山歩かれたり、重い荷物を持たれたり、激しい運動をする方はご相談ください⚽?

 

Q:副作用とかはありませんか

→ご自身の血液や脂肪を使用する為、副作用はありませんが、濃度の濃い薬剤になるので、注射したお膝周りに反応痛と呼ばれるお痛みや熱感、腫れが出ることがあります。

出たとしても数日で引いていき、効果の可否を決めるものでもありません。注射した日には反応痛が出た場合の為にお痛み止めをお渡しいたします?

 

Q:痛む場所と違うところに注射されたのですが、効きますか

→関節は袋状の関節包に包まれているので、その中に薬剤が届けばお膝の関節内の組織すべてに行き渡ってくれるので、痛みのある所でなくても大丈夫です✨

注射をするのは、神経が少なく痛みも比較的感じにくい、膝蓋骨(お膝のお皿)の外側から入れることが多いです?

 

Q:注射するまでの間、ヒアルロン酸などの注射打っても大丈夫ですか

→何度も針を刺すことで感染リスクが上がってしまうのを避ける為と、薬剤の濃度を薄めない為に、当院での注射の前後2週間はお膝への注射を避けて頂いています✋?

Q:コロナワクチンを打つ予定があるのですが大丈夫ですか

→ワクチンとの相互関係はまだはっきりとは分かっていませんが、念のため、ワクチンを接種する前後1週間は当院での注射は避けて頂いております

 

当院で行っている再生医療は基本的には注射後の安静や入院も必要なく、副作用もないものになります✨

これ以外にも治療に関してのご質問がありましたらどしどしお待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせください!(^^)!☎

 

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

 

 

 

 

関連記事

  1. お膝の人工関節手術って?

  2. 太ももの太さ

  3. 大腿周径について

  4. MRIでわかる膝所見

  5. ご家庭でも出来る効果的なアイシングの方法✨

  6. 変形性質関節症の進行度について

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制