体重コントロールは膝にとって大切なの?

こんにちは🌸

連日雨が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

本日は体重と膝の痛みの関係について書かせて頂こうと思います(^^)/

 

 

体重コントロールは大切なのか?

→大切です!

歩く時におおよそ体重の3倍階段の昇り降りではおよそ6~7倍の負荷が膝にかかると言われています。

膝にかかる負担が大きくなるとクッションの役割を果たしている半月板や軟骨がすり減りやすくなります。

その結果骨同士がぶつかりあって炎症を起こし、膝の痛みが生じてきます。

膝への負担を軽減するためにも適正な体重を保つことが大切なんです!!

 

では体重コントロールのためには何をしたらいいのか (・・?

まずは食事ステーキパスタ

一日3食主食・副菜・主菜を組み合わせることでバランスよく食事を摂取しましょう!

満腹感を得る為にもしっかり嚙んで、ゆっくり食べることも大切ですよね。

運動🏊

無理のない範囲で長続きするものがいいですね🤗

水中ウォーキングや水泳がいい運動です🏊

水の中だと浮力により痛みを感じにくくなりますので、陸上より筋力が鍛えられます!👏

いきなり運動を始めると怪我のもとにもなりますので、運動の前後はしっかりストレッチを取り入れましょう!

体重コントロールは膝の痛みの緩和や予防だけではなく、健康管理にもつながりますので、無理のない範囲で行っていけるといいと思います🐰💖

 

今回は膝の痛みと体重が関係することについてお伝えさせて頂きました♪

 

その他なかなか膝の痛みが軽減しない・・
膝の中で何が起こっているの?などお膝のお痛みでお困りの方はぜひ一度当院までお気軽にご相談ください☺

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

📞TEL 0120-013-712 (電話受付時間9:00〜18:00)

 

関連記事

  1. あけましておめでとうございます

  2. お膝はなぜ腫れるの?

  3. 寒さと膝の痛みの関係性

  4. MRI診断のメリットってなに?

  5. サポーターは必要?

  6. 負担の少ない階段の降り方

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制