グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントの効果について🌺

こんにちは😊

神戸ひざ関節症クリニックのブログをご愛読いただきありがとうございます🌷

今回は、グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントの効果についてのお話です💡

皆さまは「膝の痛みにグルコサミンやコンドロイチン💡」とCMなどで耳にされたことはありませんか❓

実は、体内のグルコサミンとコンドロイチンは年齢とともに減少していきます💦

それにより関節のクッションの役割が衰えていき、膝が動かしにくくなったりさらに進行すると軟骨がもろくなり痛みが生じるのです😨

グルコサミンとコンドロイチンはどちらも人の細胞や軟骨に存在するため、関節の動きを助ける成分のため関節痛のサプリメントとしてとても人気なのです😊

「膝の痛みは気になるが通院するのは面倒…」「人工手術などの手術は避けたい…」そんな思いから毎日欠かさず飲み続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

膝に悩みを抱える人をターゲットに売り出されているグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントですが、はたしてこれらを口から摂取することで本当に効果は期待できるのでしょうか😶❓

グルコサミンやコンドロイチンを含むサプリメントのCMや通販サイトでは、「膝の痛みが消えた」「膝が楽に動くようになった」といった口コミをよく見かけます😊

しかし残念ながら、実際はグルコサミンとコンドロイチンが膝関節へ及ぼす影響はないという見解が有力なのです😭

グルコサミンもコンドロイチンも、膝関節の健康には欠かせない成分だからこそ、効くと言われれば信じて摂取する方が多いと思います🌹

しかし、サプリメントは経口摂取なので胃や腸で分解されてしまいます😭

もし運良く有効成分が血中に取り込まれたとしても、軟骨は血流がとても乏しい組織なので成分が辿り着くのはとても難しくサプリメントで痛みの改善、ましてや軟骨の再生とった効果は期待できないのです😿

しかし一方で、サプリメントで膝の痛みが改善したという声があるのも事実です🌹

当院へ来院された患者様のなかにも、現在サプリメントを飲んでいて効果を感じているという方がいらっしゃいました😊

その理由は、「プラセボ効果(プラシーボ効果)」だと考えられています😀

※プラセボ効果とは効果があると信じて飲むことで本当に効果を感じることがあり、多くは心理的作用によるものと考えられています😎

ただし、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントは研究により他の薬物と併用すると相互作用を起こす危険性があるとされており、一例として抗凝固剤(血液希釈剤)薬であるワルファリンがあります。

ワルファリンを服用、または血糖値に問題がある人で、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントの摂取を考えられている場合は、かかりつけの医師に相談されてからの服用をおすすめします😊

サプリメント以外にも変形性膝関節症などの膝痛や関節痛に効果的な科学的根拠のある治療法があるため、ご自身の膝の状態に合わせた適切な治療を選択しましょう🤓

当院では膝の痛みに対し、再生医療を中心とした治療をご提供しています😊

診察をご希望の方は、はじめてのご来院予約よりお気軽にお問い合わせください🌺

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

 

関連記事

  1. お膝のお悩みに年齢は関係ありません💡

  2. 変形性質関節症の進行度について

  3. Q&Aのご紹介🌼

  4. お膝のMRI撮ったことありますか?

  5. PRPとPRP-FDの違いについて

  6. ご家庭でも出来る効果的なアイシングの方法✨

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)