お正月で体重増加!?膝への影響は!

新年あけましておめでとうございます🌄🎍

厳しい寒さが続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

お正月という事で、おせちにお雑煮、お餅など!美味しいご飯をたくさんたべるシーズンですね♪

たくさん食べて、たくさん寝て…体重計に乗るのが怖い!そんな経験ございませんか?👀💥

そこで、今回は体重増加がお膝に及ぼす影響についてお伝えいたします💡

 

⚠️変形性膝関節症の発症リスクについて

”BMI”が25以上の人は変形性膝関節症の発症リスクが約3倍  40以上の人は約30倍 と言われています。

・BMIの計算方法は[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]

★BMIを ”1” 減らすと軟骨変性を遅らせる事が出来るという論文も発表されています。

・BMIを ”1” 減らす計算式:[身長(m)の2乗]×1

例)160cmの方:1.6×1.6×1≒2.6kg   →→→ 2.6kg落とすとBMI ”1” 減少

体重が増えるとともにお膝への負担も増え、変形性膝関節症の進行が進みやすくなるのです💦

日常生活を普段通りに過ごすだけでも、経年変化により軟骨はすり減っていくものです。

その中で、お膝を労わり生活の工夫をするかしないかで将来のお膝が変わってきます!!!!

 

🍀少しでもお膝を長持ちさせられるように、体重コントロールを意識しましょう🍀

お膝のことでお悩みがあればいつでもお気軽にご相談ください😌

ひざ関節症クリニックでは、MRIでの医師による即日診断が可能です💪

無料相談・ご予約は、HPまたは下記のフリーダイヤルより受付しております。

TEL 0120-013-712 (電話受付時間9:00〜18:00)

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

関連記事

  1. お膝の痛みと体重の関係

  2. あけましておめでとうございます!

  3. PRPとPRP-FDの違いについて

  4. 感染対策について

  5. 注入日の診察の流れをご紹介!

  6. 体重とお膝との関係

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制