「寒いと膝が痛くなる」のはなぜ?

みなさんこんにちは!
そろそろ夏も終わりを告げ、ようやく秋の気配を感じられる頃となりました🍂

 

少しづつ気温が下がり「寒くなると膝が痛くなる😣」という方がいらっしゃいますが、原因の一つは膝関節のしくみにあります。
膝関節は軟骨がクッションの役割をしているので、クッション機能が低下すると、変形性膝関節症になってしまう可能性がございます。
寒い時期だけ膝関節に痛みを感じる方でも、実は普段からお膝の調子が悪い場合が多いです!
寒くなると血液の流れが悪くなることで膝関節周りの筋肉が硬くなり、筋肉や軟骨の機能がスムーズに働かず、痛みを発すると考えられております。

 

ご自宅で出来ることとしては、日々の入浴で身体を温めたり、お膝を温める効果のあるサポーターを使用していただくことも有効です✨
なお、急にお膝に熱感を伴う痛みが出た際は、炎症が起きている可能性がございますので、早めの受診がおすすめです。

 

また、ストレッチなどを習慣にすることで、筋力を衰えさせないことも重要です。
膝周りの筋肉を鍛えることは、お膝への負担軽減につながります!

 

変形性膝関節症は何も治療をしないと、どんどん進行してしまいます。
一度すり減ってしまった軟骨は自然に元に戻ることはないのです。
少しでもお膝に痛みを感じたらできるだけ早く治療を始め、進行を予防することが大切です!
お膝の事でお悩みの方は、是非一度ご相談などお申し付けくださいませ😊

 

ご予約は、ホームページまたは下記のフリーダイヤルより受付しております。

TEL 0120-013-712 (電話受付時間9:00〜18:00)

神戸ひざ関節症クリニック お問合せ

 

 

関連記事

  1. お膝に負担の少ない運動について

  2. 変形性質関節症の進行度について

  3. 当グループの治療実績をご紹介します!

  4. あけましておめでとうございます!

  5. お膝の進行度について

  6. おなかの脂肪を使った幹細胞治療について

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制